防ダニシーツ 布団 ダニ対策

防ダニシーツでダニを退治

ダニが繁殖しやすい布団
綿の布団の綿の布団は湿気がこもりやすくダニが一番繁殖しやすい布団です。

 

ですので他に被害にあってる方は木綿の布団やめた方が良いでしょう。そして次にポリエステルなどの化繊綿を使った布団ですがこちらの方が湿気が若干こもりにくいです。しかし一番湿気がこもりにくいのは羽毛布団です。

 

羽毛布団は熱処理が加えられているので内側からダニが発生することありません。そして布団の中にダニが入りにくい構造になっていることから木綿の布団や化繊の布団に比べるとダニの被害が少ないです。

 

防ダニシート使う

どうしてもダニの被害悩まされるという場合は防ダニシーツを普段使っている人にかけるという方法があります。

 

防ダニシーツというのは高密度でダニが入ることはできない私立です。小さいダニが入らにくいように繊維が高密度に結合されていて外側から布団の中にダニが侵入するのを防ぎます。
防ダニシーツは薬剤いいのものと高密度のものがありますが、ヤクザ入りのは効果が弱くなってくる上赤ちゃんなどに使うには心配ですので高価ですが高密度で防ダニ性がある私立の方が安全で効果が長持ちします。

 

デメリットとしては高密度のダニシーツは穴が開いてしまうとそこからダニが沢山入ってしまうというデメリットがあります。

 

ですので穴があかないように管理はきちんとしておく必要があります。
防ダニシーツで布団のダニ対策はできる?

 

  • ダニ対策の考え方
  • ダニ対策方法
  • 寝具を暖める
  • 掃除機をかける
  • アレルギーの治療方法

 

ダニアレルギーに悩んでる人は増えています。現在の日本人では4人に1人がダニアレルギーおよそ3千万人がいる計算です。

 

ダニがなぜ繁殖してしまうのでしょうか。なぜダニアレルギーになる人が増えているのでしょうか。それは現代の密閉性の高い部屋でふーでも高温多湿の状態が続いてしまうこと加湿器を使う人が多くでも湿気が多いこと
大掃除をしなくてダニの餌になる汚れがなかなか取り除かれないことなどがあります。

 

ダニアレルギーの症状

大人アレルギーの症状は皮膚のかゆみや咳くしゃみや鼻水などのいろいろな症状を引き起こします。

 

慢性的な鼻水に悩まされている方はもしかすると2年生のアレルギー性鼻炎ダニが原因ハウスダストアレルギーかもしれません。

 

ダニ対策で重要なところはダニ対策で重要なところは梁寝具の対策です。
寝具のダニを撲滅しないと永久にダニの被害から解放されることがありません。

 

なぜ寝具のダニ対策が必要か、それは布団にはダニが大好きな好物である人間の皮膚のカスがたくさん入っているから・
そして毎日寝ていることで湿気がたっぷり貯まるから布団すぐに畳んでしまうから

 

水気が蒸発しない太陽光に干しても太陽光ぐらいの熱では死なない
そして掃除機をかけても生きているダニは取れない
死んでいるダニ糞を取り出すにもいつもの掃除機の3ー4倍の時間をかけないと取れない
このように布団のダニ対策をとても厄介です。